スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おやっさぁぁぁぁぁぁぁん!!!

意地でなんとか見てきました「仮面ライダー×仮面ライダー W&ディケイド MOVIE大戦2010」!!!


超面白かったです!!!

ディケイドとダブル、どっちも楽しめました!
本当に良かった。

いい映画を観た後にはシリアスになりたくなります。
映画が終わった後、満足感に浸りながらシートに座り人が減るのを待つ。
この瞬間が好きな人種です(謎


詳しい話は続きから。
ネタバレを多分に含むのでご注意ください。

○仮面ライダーディケイド 完結編

最初からクライマックス

いわゆる”スカイライダー撃墜”のシーンが凄く良くて、あのシーンで作品の雰囲気を感じとりました。
あれがディケイドの強さなんだって。
スーパー1の腕も印象的でした。

ライオトルーパーとの戦闘シーンも印象深かったです。
TV版のディケイドよりも荒々しい戦闘スタイルで、ダウンしている相手を踏んだりするなど
悪役としてのディケイドでしたね。
Jさんとの戦闘も興奮しました。
あくまで冷静にJの攻撃をバイクで避けながらG4のミサイルやサイドバッシャーで撃破。
ディケイドの強さと、Jでも倒せないのかという絶望感を感じました。


ユウスケの活躍があったのは嬉しかった!
アルティメットフォームさえ使って激しい戦いを繰り広げる二人にはドキドキしました。
その後もバイクで夏海を助けにきたり、スーパーショッカーと戦うなど大奮闘でした。

士が復活するシーンも良かったですねぇ。
いままでの記憶が思い出が、士を復活させる。
心が熱くなりましたね。やっぱり思い出と仲間は大事です。

ドラスとの勝負は圧巻でしたね。
10ライダー最終形態必殺技の乱れ打ち、射撃に打撃と連続攻撃。
最後はクウガRU→ディケイドコンプリの繋ぎが良かったです。
ディメンションキックは今回一番活躍した技ですね。

個人的にはタックルいらんかったように思えました。
大事な仲間ならもういますし、今更出す必要のあるキャラとは思えませんでした。
ウルトラサイクロンも一撃必殺という訳では有りませんでしたしね。
ただ、実は死者だったというのはWの死人還りに掛けていたのかも知れませんね。



○仮面ライダーダブル ビギンズナイト

ディケイドが乱闘シーンで終わったのでこっちに変わって、シリアスな雰囲気になった時は会場がざわつきましたね。
一気に静かになったので無理もない事ですけど。
あと隣にいた子供が”話が難しいよ~”とも言ってましたね。こりゃしょうがない。

話の運び方はTV版の前後編を一つにした感じで、安定した面白さでした。
CGがTV版より強化されていて、ハードボイルダーがカッコよかったです。

おやっさんがとにかくカッコいい!アクションシーンもシリアスパートもキッチリ締める。
序盤の帽子投げは思わず”ぉぉ”と声が出てしまう程よかったです。渋い!
”撃っていいのは撃たれる覚悟のある奴だけだ、レディ?”


そして、初公開となる「ファング」のメモリ!
まさかのフィリップ主体フォームで、猛獣のような荒々しい戦いかたができるようになってましたね。
ソウル体がメインとなるのは意外でした。

そして「デス」…もとい「ダミー」メモリの汎用性の高さには吹きましたw
人に成りすましたり、タイヤになったりとなんでもありだなぁw
メモリブレイクでメモリが壊れないなど、やけに頑丈(かすった程度でしたけど)


○MOVIE大戦2010

第3部!まさにライダー大戦となるラストでした。
ディケイドの世界とダブルの世界が一緒になるシーンがとても良かったです。
二人を隔てる壁が壊れた時、世界は一つになる!!

クライシス戦艦とゾウのメカ、そしてそれを操縦するダミードーパント。
なんでもありのハチャメチャ感が凄く面白くて楽しかったです。
9ライダー達は自分でFFRするわ、ゾウにはリボルギャリーが突っ込んだり
ハードボイルダータービュラーにディケイドとダブル載せて突っ込んだり
さらにダミーがいなくなったゾウをハードボイルダーの前部をくっつけてコントロールしたり
仕舞いには、ヒートのメモリブレイクで燃やして
クライシス戦艦への突撃など、ダブルもディケイドも大暴れでしたね!!


最後に現れたネオ生命体には必殺のFFR”ダダダダブルゥ!!”で
まさかのダブルを”サイクロンサイクロン”と”ジョーカージョーカー”に分ける妙技を披露!
そしてそのままFAR「トリプルエクストリーム」発動で、一撃必殺!
技終了後にダブルがまた合体しているのが良かったです。あと蹴り終わった後のディケイドのポーズがかっこいい!


すべてが終わった後に出てきた「別の世界のおやっさん」や
栄次郎を死神博士に豹変させた「死神博士メモリ」など
互いに設定を生かし合っていたのが凄く良かったです。ガイアメモリ便利だなーw


ディケイドの楽曲はどれも秀逸ですが、今作のEDはその中でも一番だと思いました。


すべてが終わった後にこの曲が流れてきて、
ディケイド・ダブルの両世界で平和な日常パートが描かれて、感動しました。
いやもうホント、最高の曲だと思いました。歌詞も曲調も作品に合い過ぎてる…!




難解で、謎が多い作品だったと思いましたけど、非常に良い作品でした。
とにかく最後のEDが良すぎるます。涙腺を刺激しまくってくれます。
”終わり良ければ全て良し”というのを違う意味で感じさせてくれました。


ただ!!
ラストのラストが悪かった!
普通に曲が終わって幕を閉じていればいいものを最後にあいつが出てくる必要なかった!!
綺麗に締めてくださいよ、宣伝に頭が行き過ぎている。”終わらせる”事を知らないかのように
次へ次へ進んでしまったのが残念でした。
ホント、あのシーンにだけはがっかりしましたね。感動も半減してしまいましたよ。


そこを抜けば、夏の映画を超える素晴らしい作品でした!!
待った甲斐があったと思える作品でした。
少し褒めすぎでしたかねw
スポンサーサイト

テーマ : ヾ( ^ω^)ノワーイ
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

黄色

Author:黄色
「真!黄色ブログ」にようこそ。
リンクフリーです。

最近の記事
最近のコメント
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。