スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

劇場版  さらば仮面ライダー電王  

初日から観てきましたよ!

というわけでわざわざ遠出してきてまで見てきました。
一言で感想を言うと、やっぱり電王は電王でした。はい。電王120%って感じです。
前作のクライマックス刑事とは違ってずっと電王最終回付近みたいな雰囲気でした。
シリアス多め、でもギャグも少なくない。そんな割合でしたね。
劇場なのに声を上げて笑ってしまう場面もありましたしw


公開初日なのにネタバレ全開な記事を書こうと思うので
詳細は続きで~



さて、先ずおおまかなあらすじを。


巷で噂の幽霊列車。それを探るためモモタロスたちが行動を開始するが、その前に<仮面ライダー幽汽>が立ちはだかる。しかもその体には、誘拐された良太郎が使われていた!
幽汽の猛攻に侑斗が重傷を負う中、装いも新たなデンライナーで駆けつけたのは、新しい電王を名乗る戦士だった!良太郎から託された「象を守れ」という謎の言葉とチケットを手がかりに、モモタロスたちはおよそ300年の昔にデンライナーを走らせる。
良太郎を誘拐して幽汽に変身させ、生と死の時間を入れ替えようと画策する謎の男……。新たな敵を相手に、良太郎が最後の戦いに挑む!! 
舞台を1729年に移し、それぞれの愛と友情のレールが交錯し、戦いの物語は激情のクライマックスを!(公式転載)


今作は全体的に暗くシリアスな雰囲気でした。
圧倒的に強い謎の敵、新たな電王、さらわれた良太郎などなど。
新キャラが多いので電王のあらすじさえ知っていれば
ちゃんと作品を見てない人でも楽しめそうな内容でした。
公式に書いてあった通り主役は孫に当たる幸太郎であって、
良太郎や侑斗は特別出演扱いでした。出番少なかったですし。
というか主人公はイマジン達と電王でしたね。モモタロス達が活躍しすぎでしたw

新キャラである仮面ライダーの名称はイマイチ判らないのですが
強さが半端ではなく、一体倒すのに自分のイマジンにカウントダウンをさせて
その時間ないに倒すという戦闘スタイルで、設定するタイムは基本10秒以内という
恐るべし戦闘力でした。
実際に最初のイマジンは8秒で、次は9秒で倒していました。しかもフルチャージ無し。
変身のタイプはゼロノスと同じでイマジンは憑依させずに武器に変化させて使っていました。
パートナーイマジンはテディという名で冷静沈着で口数の少ないキャラでした。
ちなみに声優は小野大輔さんでした。

敵のイマジンはワームのような緑色のちょっとアレなデザインでした。
ブルースワットのエイリアンみたいな感じ。
まぁ、即死だったので出番は少なかったですが。

敵ライダー「幽汽」は禍々しい刀が武器でマフラーのように首に巻いた
線路が特徴的でした。
ベースが電王なので、腰にデンガッシャーが付いています。
ちなみに声は神谷浩史さんでした。

敵の親玉「死郎」は独楽使いで独楽を空中で分裂させて爆撃するとか
直接ぶつけるとかでかなり強かったです。幸太郎が唯一負けた相手。
幽汽はベルトの力で変身するらしく、死郎がベルトをつけても幽汽に変身できてました。
むしろ彼こそが本当の使い手であると思うのが妥当な気がします。
独楽を使う攻撃は変身後も変わらずです。
死の世界を操る者のためいままで倒したイマジンを再生させるという技を
してきました。まぁ、やられ役でしたけどね。


電王最後の戦い!にふさわしくラストは電王祭りでした。
オーナーが奮発してイマジン全員分のパスを持ってきてくれたので
電王が7人現れましたw ゼロノスも加わって総力戦でした。
例のごとく再生イマジンは弱く、特にTV版後半で大量に発生したモグライマジンは
一撃でやられていました。なんというやられ役。
最終的にそれぞれがイマジンに必殺技を叩き込んで終了。
特に良太郎&モモタロス&幸太郎vs死郎では
良太郎とモモタロスがフルチャージのエネルギーで死郎を抑えてそこを
幸太郎のライダーキックでトドメというコンボ技でした。
まさかライダーキックでトドメを刺すという事に驚いて思わず身を乗り出してしまいましたw


EDはクライマックスジャンプの新しいバージョンでした。
テロップの隣には各キャラの切り抜き(?)が表示されてて面白かったです。
結局、「さらば」の意味は孫の幸太郎が現れ新しい電王が登場した事によって
時代が受け継がれたという意味での「さらば」だと思います。


実は、今作が上映される前にイマジンアニメのタッチで
「下手に続編が作られるよりすっきり終わらせた方が良い」という内容の
話が上映され、製作側からの続編を作る意思がない事が表示されていました。
まぁ、イマジンアニメ2とか作られるんですけどね。仮面ライダーはお終いです。


3作も劇場版が作られた電王は歴史に残る素晴らしい作品でしたね。
これで終わりかと思うと今でこそ少し悲しいような気もしますが
観終わった後にはまったくそんな事を思わせなかったのは凄いと思いました。


あと、劇場に電王ベルト持ってくるの禁止!
劇中の変身にあわせて変身するのもっと禁止!
私がどれだけ悔しく思ったことか!
くそ!私も手に入れれば良かった~!

では~
スポンサーサイト

テーマ : ヾ( ^ω^)ノワーイ
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

黄色

Author:黄色
「真!黄色ブログ」にようこそ。
リンクフリーです。

最近の記事
最近のコメント
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。