スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

性癖論:腋

今回は"腋"について。といっても、非常にポピュラーな性癖だと思いますので、とやかく言う必要はありませんね。
腋は素晴らしいです。見えた時のホッとするような、「得したな。」と安心する気持ちに疑いはありません。自明ですね。
特定のシチュエーションに依存する事なく独立して、良いと言えるものです。

参考リンク:【フェチシリーズ】腋の下特集(Pixiv Spotlight)


ところで、ネット上で「腋は性器」という言葉があります。全面的に同意します。
ですが、少し調べても語源や由来がヒットしませんでした。大百科等も作られています。
ですので、個人的な考えでこの言葉を説明してみます。


主張 「腋は性器である」

根拠1 「腋は隠れている」
 腋というものは、普段は服にて隠されています。
露出するのは、タンクトップやキャミソールなどノースリーブの服を着ている場合に限定されます。
半袖の時に僅かに見える場合もありますが、基本的に外部へ見せるような部位ではありません。
これは男女に関わらず性器に対する倫理観と同じです。

根拠2 「腋は濡れる」
 腋は汗腺が非常に多く、汗が多く出る場所です。
Wikipediaによると、腋の汗腺はアポクリン腺と呼ばれます。
人体の汗腺の多くはエクリン腺という別種の汗腺であり、こちらは体温調整を役割としています。
エクリン腺が人体を覆っているため、アポクリン腺は自然と集中して発生します。
その集中した場所の1つが腋です。
アポクリン腺から分泌される分泌液は、フェロモンを発する役割を持っています。

脱線しましたが、以上のように腋には汗腺があり汗をかき濡れます。
これも男女問わず性器が持つ性質と同じです。

根拠3 「腋は毛が生える」
 言わずもがなですが、腋には男女問わず毛が生えます。
こちらもWikipediaによる情報ですが、腋毛の発達は陰毛と同時期に行われるそうです。
毛の性質も陰毛に近くなるということです。
陰毛は性器に生える毛ですから、身体的にも腋は性器に近い存在であると考えられます。


結論「以上の根拠によって、腋は性器と言える」



まぁ、そんな話はどうでも良くて腋は素晴らしいという話なんですけどね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

黄色

Author:黄色
「真!黄色ブログ」にようこそ。
リンクフリーです。

最近の記事
最近のコメント
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。