スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カクテルみたいにサンドイッチを頼むサービスがあっても良いと思う

「タマゴサンド、ダブルでね。」
「ハムとカツ、1:1で頼むよ。」

飲み物や食べ物を組み合わせる食べ方は、いろいろあるのに、カクテルばかりお洒落に混ぜられてお洒落な場所で楽しまれている。
お酒だからとはいえ、少々ずるい。
とはいえ、カクテルに非はない。あるのは他の食材をお洒落に混ぜられない人間にある。
他に食材を混ぜられる食べ物で、お洒落にできそうなものはなんだろう。
サンドイッチ、ピザ、パスタ…?
これらは、結局は具材が変わるだけで、他の部分が変わっていないので、楽しみが薄そう。
作る時もなんとなく地味っぽい。
カクテルは作ってる時の動きさえ価値がある。ピザも生地を作る時はダイナミックだけど、焼き始めると途端に地味になってしまう。とはいえ、料理とはそういうもので良い。

ラーメンは、実はカクテルと似てるんじゃないか。
麺、スープ、具材。それぞれに種類がありバリエーションが生まれる。
作り方も、水切りやどんぶりに移す様はなかなか面白そう。
でも、麺を茹でてる間は地味だ。

ピザは、作り始めが派手で、ラーメンは作り終わりが派手。
つまり、ピザを作ってからラーメンを茹でれば良いのだろうか。
ラーメンピザ。ピザラーメン。
見た目の点は合格かも知れないけど、お洒落という観点からはクリアラインは程遠い。


素人が5分考えただけでは、カクテルの圧倒的なエンターテイメント性に太刀打ちできない。
そもそも、カクテルを飲むというシチュエーションは情緒に溢れたものだ。
純粋に味を楽しむという事もあるだろうし、見た目やその日の気分を表現する楽しみもあろうだろう。
十重二十重の楽しみ方を持つカクテルに対抗するには、やはりそれぐらい楽しみ方があるものでなければならない。


嗜好品としてのカクテルは非常に格が高い。
カクテルが人気で在り続ける理由は、その格の高さ、つまりエンターテイメント性によるものだ。
なんだかもう、考えれば考えるほど、カクテルの非の無さに愕然とする。
お洒落で、綺麗で、種類が多くて、提供が早く。
これに比肩できる料理が他にあるのか、甚だ疑問になってくる。


カクテルの素晴らしさを再認識した所で、ブランデーを呷って寝よう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

黄色

Author:黄色
「真!黄色ブログ」にようこそ。
リンクフリーです。

最近の記事
最近のコメント
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。