スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

作品に対する観賞の態度

1. どんな作品も、評価される権利と義務がある。
2. 視聴者は、作品を評価する義務はない。
3. 作品は楽しめる事が前提。感動、感謝、五体投地はその先。
4. 自分の感性を信用すること。万人が否定しているものに、自身が肯定することは罪でも悪でもない。逆も然り。
5. 作品を見てストレスを溜めることほど無駄なことはない。それを仕事にしていない限り。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

黄色

Author:黄色
「真!黄色ブログ」にようこそ。
リンクフリーです。

最近の記事
最近のコメント
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。