スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しいTwitter公式Webで連投する方法

こんばんは。
Web版Twitterのデザインが新しくなりましたね。
投稿部分が画面左から、画面上に来たことで、ツイート後の通知に邪魔されて、
連続ツイートできない状況になっています。
そこで、今回はWeb版Twitterで連投する方法を紹介します!


◯方法1: ブラウザのコンソールを使う
各種ブラウザには、デバッグツールが実装されています。
そこに含まれるコンソールを用いて、Tweetを投稿しちゃいます。

方法はとても簡単。
1. コンソールを開きます(GoogleChromeは"Ctrl + Shift + i"で起動します)
2. コンソール下部のタブを"console"に合わせる
3. コンソール下の入力部分に、以下のコマンドを入力

------入力ここから-----------------
if (!window.jQuery) {
document.body.appendChild((function(){
var s = document.createElement("script");
s.type = "text/javascript";
s.src =
"http://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/1.7.2/jquery.min.js";
return s;
})());
}

$("#tweet-box-mini-home-profile.tweet-box.rich-editor.notie").text("ここにツイートを入力");
$("#swift_tweetbox_1415270625642 > div:eq(1) > div:eq(1) > button:eq(0)").click();
------入力ここまで-----------------

4. 入力したらエンターで送信


以上です。
一つ目のコマンドで、次のコマンドを実行する準備をします。
二つ目でツイート内容を記述して、画面に表示させます。
三つ目で、ツイートボタンを押させて送信しています。

非常に簡単ですが、デバッグツールのコンソールが小さいので
やっぱりクライアントを使った方が楽です。
画像も投稿できません。



◯方法2: AdblockPlusを使う
近年のWeb上の広告の多さが問題となっていますが、AdblockPlusはそれらの広告を
非表示にしくれるブラウザのプラグインです。
この、広告を非表示にする機能を利用して、
ツイート後に出てくる通知を削除して連続投稿を実現する方法です。
やり方は以下のとおりです。

1. AdblockPlusをインストールする(ググるとたくさん出てきます)
2. オプションから、「自作フィルタを追加」を開く
3. 自作フィルタ追加フォームに、以下の一行を入力して、追加。

-----入力ここから------------
http://twitter.com ##.message
-----入力ここまで------------

以上です。ツイートすると通知が表示になっていることが判るかと思います。
問題は、エラー表示も隠れてしまうので、何か以上があっても気づけない点です。




2つとも試してみましたが、やっぱりクライアントを使った方が楽ですので、
廃人ツイッタラーはお気に入りのクライアントを使ってくださいね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

黄色

Author:黄色
「真!黄色ブログ」にようこそ。
リンクフリーです。

最近の記事
最近のコメント
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。