スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フルメタRPG

昨日、「フルメタル・パニックRPG」が発売されたので、購入してきました。
「大型本だったので、すぐに見つけたぜカシム~」という気持ちでゲット。
合わせてリプレイも入手しました。

ルールブックはB4とA4の中間のようなサイズで300ページ近いボリュームで読むのに苦労してます。
とはいえ、その中の100Pくらいはフルメタ世界の設定資料集なので、ルールブックを読んでるって気分がしません。
間に挟まる、宗介&かなめ&テッサの小芝居も面白いです。
この小芝居は賀東さんが書いてるのか、気になります。
それと、ちょくちょくフルメタ作品の宣伝をしてくるのが、ルールブックを読んでいるのかコラムを読んでいるのか判らなくて面白いです。
わざわざ注釈を付けて、著者が同じ『天城ブリリアントパーク』の宣伝もしてきます。
完全に悪乗りしてます。
そんなこんなで、分厚い本ですが読むのは楽しいですね。


F.E.A.R.作品のTRPGは始めてなのですが、データが多いなと感じます。
手書きで記入する項目が多いので、できればデータでやり取りしたいですね。
キャラデータとは別に、現在のステータスを表すシートがあるのも、驚きです。


ASや武装、オプションパーツの種類は豊富なので、選び放題です。
機体は基本的に原作長編5巻『踊るベリー・メリー・クリスマス』のあたりまでですね。
エリゴールやベリアルは出ますが、レーバテインやそれに纏わるオプション(妖精の羽など)は出てきません。
ですが、それ以外のASなら総登場しています。
ミスリス側、アマルガム側の機体は言わずもがな。
サベージの初期型や96式、ブッシュネル、ミストラル2など。
『アナザー』の機体は、リプレイにて補完されてます。
武装も種類が多く、個人的に一番好きな武装「K-1 ジャベリン超高速ミサイル」も収録されています。
「デモリッションガン」も最強火力の武器として収録されています。
ASだけでなく、歩兵用の装備だけで2ページ丸々使っているのが銃撃戦のゲームとしての気合を感じさせます。


魔法が登場しないTRPGは始めてなので、そこも楽しみにしています。
死んだら蘇生できない、というのは当然ながら中々厳しい縛りだなと感じます。
滅多に死ぬことはないでしょうけど、それでも万が一を考えるとPCとしてもGMとしても気を配る必要がありそうです。


ルールブックをひと通り読んだら、サンプルシナリオに目を通してからシナリオを考えていこうかと思います。
府茂沢さんをどう絡めるか、そこが非常に悩ましい所です…!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

黄色

Author:黄色
「真!黄色ブログ」にようこそ。
リンクフリーです。

最近の記事
最近のコメント
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。