スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今期の視聴アニメ

こんばんは、黄色です。
アニメのクールが入れ替わる時期になりました。
なので、今期の視聴予定作品をリストアップ。

--------------------------------------------------------

◯新規視聴作品
・ALDNOAH.ZERO
・さばげぶっ!
ばらかもん
・ひめゴト
みならいディーバ
・アオハライド
グラスリップ
ハナヤマタ
プリパラ
・ヤマノススメ セカンドシーズン
月刊少女野崎くん
・東京ESP

  本数 12本


◯視聴継続作品
・アイカツ!
・ハピネスチャージプリキュア!
・キャプテン・アース
・ジョジョの奇妙な冒険SC
・レディ ジュエルペット
・マジンボーン

  本数 6本

合計 18本

--------------------------------------------------------

開始前は4本くらいだったんですが、始まって興味のある作品を見ていくウチに
どんどん増加しました。例年通りですが、やっぱり本数が多いと時間が取られてしまうので悩みものです。

さて、今期のイチオシは上記の大きくて太くて赤字の作品です。
太字な作品もオススメですが、赤字は特にオススメです。

・月刊少女野崎くん
少女漫画作品のアニメ化です。とにかくテンポと雰囲気が良いです。
ガッチガチの恋愛作品というよりは、コメディ色が強い作風となっています。
アニメーション製作は『GJ部!』『未確認で進行形』などでお馴染みの動画工房。
安定して綺麗な作画と、コミカルな動きや表現の演出は、流石としか言いようがありません。
キャラの性格も非常に気に入ってまして、特に主人公の千代の踏み出せない感じが
もどかしくも可笑しくて笑いながら応援してしまいます。
彼女の気持ちが届く日が来るのかどうか!
OPを見る限り、キャラの数は結構多そうなので、どんどんテンポが良くなっていくと思います。
その中で、野崎くんと千代の関係がどう進展していくのか、気になりますね。

・ばらかもん
人気漫画作品のアニメ化、ということで非常に気合が入っていると感じられます。
作画や演出による作品の雰囲気の表現はもちろんの事、方言が非常に良く指導されていて
違和感がありません(地元民ではないからかも知れませんが)
特に、なるちゃん役の原涼子さんの演技が、とても子役とは思えないほどハマっていて
なるというキャラクターの魅力をさらに引き出し、余すところなく表現しています。
私は原作は未読ですが、想像していたよりもギャグテイストが強くてビックリしました。
主人公の半田も、プライドが高いながらも気が弱く、好感が持てました。
演じる小野さんも楽しそうに演じていらっしゃると感じられる演技でした。特に1話Cパートの笑い声は良かったです。
本編の他にも、公式サイトより『みじかもん』というショートアニメが公開されており
こちらはアドリブらしいのですが、とても思えないほど話が面白く、2話ではギャグのキレが良すぎて5分くらい笑いっぱなしになった後、ちょくちょく思い出し笑いしてました。
ツッコミの鋭さによって、ギャグが何倍も面白くなるんだなと再認識させてもらいました。

・ハナヤマタ
今期の百合アニメ作品です。
舞台は鎌倉高校ということで、作中に出てくる鎌倉高校前駅がホントにそのままで、親近感がわきました。
やはり、自分の知っている場所がアニメの舞台になると、思い入れがグッと増しますね。(聖地巡礼しただけですが)
作品の設定としては、ありふれたものでありながら、やはり"よさこい"というのが目立ちますね。
OPアニメーションのよさこいを踊るシーンがCGではなく、手書きながらも細かくも大きい動きが枚数多く使われており、非常に見応えがあります。
このOPからこの作品が、よさこいをただの設定の一つとして扱うのでなく、物語の主軸に据えて展開してくる予感がしています。
よさこい部の部員が全員揃うまで、どれくらいよさこいに関する情報を出して、視聴者を惹きつけられるのかが鍵なんじゃないかと思います。
キャラクターですが、主人公のなるちゃんは自分を平凡で輝いていないと思い込んでいる少女です。
そこに、よさこいを舞うハナが現れ、彼女に輝くための勇気を与えてくれます。
このガール・ミーツ・ガールがテンプレながらも、素晴らしい作品だと感じました。
平凡な女の子が輝いている女の子に出会って、自分もより輝く、というのは百合作品に限らず、女児アニメでは基本の流れですよね。
さらに、女児アニメと一線を画し百合アニメの要素を強めているのが、幼なじみのヤヤです。
彼女はなるとは違い、何でも出来て明るく友達も多くて最高に輝いている女の子です。
ヤヤはなるの親友であり憧れですし、ヤヤもその状態に対して満足感を覚えていると感じます。(推測ですが)
ですが、なるがハナと出会う事でなるの視線が自分ではなくハナに向いてしまうことで、嫉妬が芽生えてしまう(2話のタイトルより推測し)
こちらも、百合アニメのテンプレですが、非常に魅力的で甘美な展開だと感じます。
内気で気弱な少女と、明るく勝ち気な女の子の組み合わせというと、
私はアニメ版『ストロベリー・パニック』の光と夜々を思い出します。奇しくも、同じ"ヤヤ"ですね。
光は夜々に依存しがちな生活を送っており、夜々もその状態に満足を覚えていました。
しかし、光は別の女性への憧れを抱いており、夜々もそれに気づいていました。
最後は光に迫った夜々の愛情を拒絶し、光は憧れの相手を結ばれました。
夜々にも救いはありましたが、一方通行の愛情ながら、光の近くいるために気丈に頑張る夜々に対して
見ていて辛いものを感じていました。悲哀であり悲愛な関係でした。
私は、『ハナヤマタ』のなるとヤヤに関しても同様の事が起きてしまうのでは、と危惧しています。
2話ではハッキリと"嫉妬"と言われていますし、ハナとヤヤが一悶着あるのは、確実でしょう。
そこをどう解決し、昇華していくのかが見所だと思います。
メインビジュアルでは、ヤヤもよさこいを踊っているため、喧嘩判れ等はないと信じていますが、クライマックスでどう展開するのか、今から目が離せません。


他にも、まだ放送してませんが、『みならいディーバ』にも期待しています。
『gdgd妖精's』や『直球表題ロボットアニメ』『てさぐれ!部活もの』でお馴染みの石ダテコー太郎さんの新作です。
3Dモデルを使った「生放送アニメ」という触れ込みで話題を集めており、私もその出来を楽しみにしています。
キャストに村川梨衣さんがいることも楽しみの一つです。

今期も更新が待ち遠しい作品が多く、毎日の生活が充実しそうです。
また、寝不足や時間に追われる日々がはじまりますね。
ではでは、黄色でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

黄色

Author:黄色
「真!黄色ブログ」にようこそ。
リンクフリーです。

最近の記事
最近のコメント
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。