スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『マルドゥック・スクランブル -完全版-』読了

こんばんは、黄色です。

先月頃からコツコツと読んでいた作品『マルドゥック・スクランブル -完全版-』(著:冲方丁)を読了しました。
いやぁ…もう。私の語彙力ではとても表現できない作品です。
それでも表現させていただけるなら、人生ゲームのような…というよりも圧縮された人生のような作品でした。
作品の詳細を書くような事はしませんが、とにかく、万物流転。
あらゆるものが代わり、替わり、変わっていく作品でした。
それは主人公の心境だったり能力だったり、主人公とパートナーの関係だったり、物語だったり…。
この作品はSFです。なので、物事の道理がキッチリしています。
"たまたま"とか、"なんとなく"といった事がなく、全てが計算あるいは「知覚」された展開です。
であっても、驚きの展開が続く事に冲方丁先生の作品の構成力や文章力の上手さを感じました。

この作品は理知的であり、SFでありながら、燃える熱血漫画のような面も持っています。
だからこそ、お互いの要素が高め合っています。
理知的でクールでありながら、熱血で燃える。
計算尽くされた情熱、感情的でありつつ機械的。
そんな反目した要素を常に抱えながら、全力疾走を続ける作品だったと感じています。
ですが、作品の根底に流れる感情は悲哀です。
悲しみという大地を、主人公達が情熱と策略の船を乗り継ぎながら下っていくような・・・。

とにかく、読んで驚いて欲しいと思いました。
日頃からSFやラノベ等に触れている人こそ読んで欲しい。
セオリーを知っている人にこそ読んで欲しい作品です。


良い作品に出会うと、自然と形容する言葉が浮かび、表現豊かになる。
感動するというのは、こういう事なんだなと感じた次第です。それでは、黄色でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

黄色

Author:黄色
「真!黄色ブログ」にようこそ。
リンクフリーです。

最近の記事
最近のコメント
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。