スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

末期。

こんばんは、黄色です。

先週命拾いしたばかりなのに、早速またピンチです。
今度は、落ちてはいけない面接を落ちて「あばばばばば」
なんと申し開きすれば良いのか判らず悩んでおります。

加えて、別件の仕事の方がまるで上手くいっておらず、こちらも「あばばばばば」
仕事を取り上げられて、宙ぶらりんの状態です。

さてさて、どうしたものでしょうか。進退窮まりました。
「大学を辞めるか留年するか選べ」と言われているような状態です。
行動すれば良い、というのはとっくに理解しているのですが、納得ができません。
自分がそれをやる理由がわからない。なぜなのか。

自分で色々と考えますが、考えすぎてがんじがらめです。
世の中に溢れている"成功の秘訣"を考えてみても、様々な秘訣がありすぎてどれを取捨選択してよいかわからなくなります。
また、それらの秘訣は他人様の言葉なので、結局自分を立たせるものになりません。
一時的な高揚感を得られても、次の日にはなくなっています。


こういうピンチの時は、誰かに相談すべきでしょうが、どうにもそれもできません。
私は心の根っ子の所で、他人を信用していないんだと思います。
自分を助けてくれる誰かなんて存在しない、そう考えているんだと思います。
そう考えるきっかけになったのは、小さい頃の腹痛です。
ある日、強烈な腹痛(腸ではなく、胃)に襲われた私は、家でもんどりうって苦しみました。
家には他に誰もおらず、ただ痛みに耐えるだけでした。
幸い病気などではなく一過性の腹痛だったため、そのうち痛みは収まりましたが、痛みに耐えながらこう考えていました。
「この痛みを今すぐ取り去ることなんて誰もできない」と。
たとえ麻酔や痛み止めを用いたとしても、次の瞬間に痛みを無くすことなんてできない、と考えたわけです。
それが転じて、誰かに助けを求めても意味がない、と考えるようになりました。


そんなこんなで、現状を誰かに相談するわけでもなく、自分のなかでぐるぐると思考している間に時間が過ぎ、タイムリミットが迫ってきています。
留年も退学も嫌なので、卒業できるよう掛けあってみますが、卒業しても就職しているわけではないので、どうしようかと悩んでいます。
この時期になってもまともに就活していないのは流石に問題がありすぎましたね。
そっちもやらねばーと思いつつ、何も行動に起こせず時間が過ぎていきますね。


さて、今月はピンチだらけで全然安心できていませんが、なんとか生きていけるようにしたいと思います。
黄色でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

黄色

Author:黄色
「真!黄色ブログ」にようこそ。
リンクフリーです。

最近の記事
最近のコメント
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。