スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いのちびろい

こんばんは黄色です。

何日か前のブログで、大学不登校中と書きましたが、今回はそこから一歩進んで退学のピンチになりました。
以前より悩んで悩んで悩みまくっていたのですが、ギリギリのラインで踏みとどまる事ができました。
踏みとどまるきっかけになったのは、一冊の漫画のおかげでした。
『がんばれ!消えるな!!色素薄子さん』が、その一冊です。

私はこのシリーズを2009年の冬頃から読み始めました。
読み始めたきっかけが何だったのかはもう思い出せません。
ですが、読んですぐにこの作品のファンになったことは覚えています。

この作品は、影やら何やらが薄い主人公が、毎日を精一杯生きていく作品です。
私は、当時の環境から主人公に自分を重ねて読んでいました。
薄くても毎日を楽しく過ごす主人公に、元気をもらっていました。
そして何より、主人公が持つ視点に毎日の生活の大切さを気付かされました。

「大切な日常」、言葉にすれば陳腐なものですが、この作品でそれの大切さを教えてもらいました。
この作品を読むまでは、言葉では分かっていたけど理解できなかった事ですが、理解できるようなりました。
日常の良さを理解するための方法、ヒントを作品が与えてくれていたんです。
おかげで、私は日常に新しい彩りを得る事ができました。


さて、話を頭に戻しまして。
退学になるギリギリのラインに追い詰められた私は、ふと「色素薄子さん」を手に取りました。
特に何も考えず、無意識に本棚にあったこの本を選んだと記憶しています。
そして、時間が残り少ないにも関わらず、腰をおろして読み始めました。
内容は、主人公の親友が外国に引っ越してしまう話でした。
読んでる途中、何か特別な感情を抱いていた訳ではありませんでした。
ですが、一冊読み終わると、今までの鬱々したような絶望的な気持ちから一転。
"なんとかなる"といったポジティブな気持ちになっていました。
もちろん、さっきまでの暗い気持ちは忘れていませんが、
それでも不思議と力が湧いてきて問題を解決できる気持ちになりました。
おかげで行動に移ることができ、退学は免れました。


今まで、何度もピンチを助けてもらってきた作品ですが、今度の今度は本当に命拾いしました。
もう一生手放せない作品だなと感じます。
この本を読んでポジティブになった理由は良く判りませんが、"作品の魅力"の他に"付き合いの長さ"も関係してるんじゃないかと思いました。
やはり、ここぞと言う時に力になってくれるものは、昔から自分にとって身近なもの、大切なものなんじゃないかと。
つまり、"日常"なんですよね。
私はこの作品に"日常"を感じていたんだと思います。おかげで、気持ちのバランスが元に戻ったんだと思います。


いつか心のバランスが崩れた時、いつもの自分に戻してくれる作品があれば、助かる事って多いのかも知れません。
ではでは、黄色でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

黄色

Author:黄色
「真!黄色ブログ」にようこそ。
リンクフリーです。

最近の記事
最近のコメント
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。