スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SumlimeText3を導入してみた

TL上に流れてきた「SublimeText3」というエディターを導入してみました。
軽いのに高機能でとても良いと思います。
以下、導入時のメモ


○ダウンロード&インストール

公式サイトよりダウンロードします
http://www.sublimetext.com/3

自分の環境の項目が黒い丸(●)になってると思います。
クリックするとsetupファイルのダウンロードが始まります。
setup.exeを実行するとインストールが始まります。
特に選択肢が必要な部分はないと思うので、クリックしてインストールします。


○初期設定

SublimeText3は標準でも高機能ですが、後から機能を追加することで
どんどん便利にすることができます。

そのため、機能を追加するための準備を行います。
下記サイトの"SublimeText3"の部分に記述されたコードをコピーします。
https://sublime.wbond.net/installation#Manual_Instructions

コピーしたらSublimeTextに戻って、Ctrl+`を押します(`はS@マークのキー)
上部メニューの表示 > Show Consoleでも可能です。
すると画面下部にコンソールが現れます。
そこに先ほどコピーした内容を貼り付けてください。貼り付けたらエンター。

少し時間が掛かりますが、Package Controllerが導入されます。
これで、プラグインを追加することが可能になります。

PackageControllerを使うにはCtrl + Shift + P
コマンドパレットを開き
"install"と入力すると項目が最上位に出てきます。
その項目をクリックすると、今度は追加するプラグインを選択します。
欲しいプラグインを予め検索しておき、名前を入力していくようになります。
コマンドパレット以降の操作中はSublimeText3をウィンドウの背面に動かすと
フォームが閉じてしまうので、そこは気をつけてください。
追加が始まったらバックグラウンドに戻しても大丈夫です。


○環境設定

プラグインを追加可能になったので、最低限行っておきたい設定をいくつか。
・日本語化
・IME対応
・Shif-JIS読込


この3つは最低限、必要だと思います。
特に2番目は有る無しで作業効率が桁違いです。


・日本語化
コマンドパレットを開き(Ctrl + Shift + P)
PackageControllerのプラグイン検索フォームに
"Japanize"と入力します。
同名のプラグインが最上位に出てくるので
クリックかエンターで追加します。

日本語化は適用されている部分は少ないですが、導入しないよりはマシだと思います。


・IME対応
上記と同じくプラグイン検索フォームを呼び出し
"IMESupport"と入力すると最上位に出てくるので同じように
クリックかエンターを押して決定。

これがないと日本語を入力した際に別窓になってしまうので
日本語を入力する際は必須です。


・Shift-JIS読込
上記と同じくコマンドパレット -> 検索フォームで
"converToUTF8"と入力するとヒットするので
クリックかエンターで導入します。

これはSublimeText3がUTF-8でファイルを開くため
ShifJISのファイルだと文字化けしてしまうのを防ぐものです。




上記の3つを入れておけば、日本語で使用する時は
困らないかと思います。
後は使用する用途によって好きなようにプラグインを導入していけば良いと思います。
スポンサーサイト

テーマ : ヾ( ^ω^)ノワーイ
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

黄色

Author:黄色
「真!黄色ブログ」にようこそ。
リンクフリーです。

最近の記事
最近のコメント
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。