スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

成分献血をしてみたので感想とか書いてみる

献血、行ってますか?
つい最近、HIV血液を輸血してしまった事で問題になっていますが
それでも有事の際は誰かの血が誰かの命を救う事もあるので
献血に行ってきました。そもそも献血する側にはこの問題はなんら影響はありません。

今回で献血は4回目なのですが、初めて成分献血を行ってきました。
この成分献血というのは、通常の献血と違い血液中から
血小板と呼ばれる皮膚を治すための成分だけを抽出して
残りの血は体内に戻す、という献血です。
通常の丸ごと血を抜かれる献血よりも献血後の安静にしている時間が
少なくて済み、再献血までのスパンも短いのが特徴です。
しかし通常献血(全血)よりも採血までの準備や採血そのもののに
掛かる時間が長いので、休日やよほど時間の空いている人でないと
難しいと思います(私も全体で90分くらい掛かりました)

献血自体は通常の献血と大差ない…と思っていましたが
やはり時間が長いせいか、私が緊張していたせいか
針先に違和感というか、血を抜かれている感覚が強かったですね。
おそらく採血量も全血より多いため、献血している腕が
若干青白くなってきていたように感じます。
ですが、痛みは一切ありませんでした。献血後の経過も良好です。

成分献血の良い所は、献血時間が長いので映画を見られる事でしょうか。
全血だと10分くらいなので映画が見られないんですよね。
全血は採血だけで1時間くらいあるので、短編映画なら見れます。
逆に、2時間映画だと良い所で終わってしまうのが少し残念。
今回は『オーシャンズ11』を見ましたが
オーシャンが金庫に潜入する直前で終わってしまいました。
続きが気になります。


全血の場合、次の献血ができるのは早くて2ヶ月、遅いと3ヶ月程度です。
成分の場合は2週間と短いので、献血をしたい人は成分がオススメです。
ですが、全血・成分とも不足している量、血液型は違うので
その日その時に合った献血が良いと思います。


レッツ献血!献血センターのキャラクターとして
『アイカツ!』のユリカ様が採用されたら命捧げる覚悟で献血しますわ…!
スポンサーサイト

テーマ : ヾ( ^ω^)ノワーイ
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

私もよく成分献血をしています

初めまして。私も月に1、2回、成分献血(私はA型)をしていて、骨髄移植のドナー登録もしています(^_^)/
それで、人を助ける方法が、献血や募金以外にもあるので、それをお伝えします。大阪にある、『豊能障害者労働センター』では、バザー品を一年中募集していて、バザー品の売り上げが、障害者福祉に使われています。 私は、献血でもらった景品も、自分では使わない物は、ここに送っています。
 このセンターでは、5つのリサイクルショップを運営して、バザー品はそこで売られています。ここのセンターにバザー品を送ることは、障害者の方々に『仕事』を提供することにもなり、障害者の『自立』を支援することにもなります。
 私も「ずっと長く使う」と信じて買ったものが、意外と使わなくなった、ということが、よくありました。以前はもったいないと思いながら、不用品を泣きたい気持ちで仕方なく捨てていましたが、今はここの労働センターに送れるので、とても嬉しいです(^^) それで、私と同じように、「使わないものを捨てられない」と悩んでいる人を助けたくて、多くの人に、この労働センターを教えているのです。 
 バザー品の送り先のHPはhttp://www.tumiki.jp/bazar.html です。ここでは、一般のリサイクルショップで引き取らない物や、他のバザー会場で売れ残った物も受け入れていて、それらはきちんと商品として販売されています。
 また、ここの送り先を気に行って下さったら、知り合いの方にも伝えて頂けると嬉しいです。私は一人でも多くの「もったいなくて捨てられなくて困っている」方々を助けたくて、そして多くの家庭に眠っている『不用品』が、社会貢献のお役に立ってもらいたいので(^^)
プロフィール

黄色

Author:黄色
「真!黄色ブログ」にようこそ。
リンクフリーです。

最近の記事
最近のコメント
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。