スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「雪蟷螂」(紅玉いづき 著  岩城拓郎 絵)

あらすじ、前置きを抜いて感想から書きますが、とても素晴らしいお話でした。
この本を読み終わった時、失くしかけていた自分を取り戻した気がしました。
あるいは変わりかけていた自分を元に戻した、と表現した方が正しいのかも知れません。
ともかく、大学生活でようやく人らしい生活をしていた私をまるで傀儡のような人間に引き戻してくれました。
まるで人形のような冷たい思考渇いた心。それらを取り戻させてくれました。
加えて、恋焦がれる激情を与えてくれました。
作品を読みながら湧き上がってくる感情はおそらく恋がしたいと
燃えるような激情の恋がしたいという感情だったのだと思います。
そして誰かに仕えたいと、命を賭けることができる程の主人に仕えたいと思う感情も。
おそらくこれは私の基礎たる感情、誰かを好きになるための第一の感情。
例えば、私がシグナムを好きになったのも、彼女が将だから、というのがあると思います。
きっと私にとって、仕えたいと思う気持ちこそが恋なのではないかと思います。



この本は、本に恋をする、という感覚を久しぶりに感じさせてくれた作品でした。
おそらくこのタイミングで読んだからここまで素晴らしいと感じたのでしょう。
読後すぐに紅玉いづきさんの作品をすべてamazonで注文しました。
amazonではこの作品の点数はあまり高くないようですが、私はとても感動しましたし
もしミミズクやMAMAがこれを超える作品ならば早く読んでみたい!と思うばかりです。


最後に紅玉いづきさんへ最大級の感謝を。この本に出会えてよかった。そう思える事が嬉しい。
たとえこの激情が数日で消えてしまう儚いものだとしても。
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと。
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

毎回コメントありがとう!
自分が取り戻せる訳じゃなくて、昔の自分とキャラが似てただけなので普通の人が読んでも変化はありません!
でも面白いのでオススメ。これはもうラノベじゃない。

おかえりなさいませー!!

自分を取り戻せるような作品ですか、僕も読んでみようかな?
プロフィール

黄色

Author:黄色
「真!黄色ブログ」にようこそ。
リンクフリーです。

最近の記事
最近のコメント
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。