スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「劇場版 機動戦士00」視聴!!

トランザム!!(挨拶)
どうも黄色です。


今日は友人宅で「劇場版 機動戦士ガンダム00」をBD版で見てきました。
その友人の家はTVが大きかったので、劇場さながらの迫力で楽しめましたね。でもやっぱり劇場で観たかった。

賛否両論ある作品だと思いますが私はとても楽しめました。
やはり質VS数の戦いってのは燃えますね。ギリギリのギリギリのギリギリ。
勝機も少なく、生き残るのも難しく、でも倒さなきゃ勝たなきゃ明日がない崖っぷちの生存を賭けた戦い。
視聴者にも危機感を持たせる演出や雰囲気作りが素晴らしいと思いましたね。「コイツはヤバいな」っていう。
そんなELSに対して人類は全面抗争。文字通りの総力戦。一世一大の大勝負。ベットは人類。
このシチュエーションで燃えないってのがおかしいですね。

そんなギリギリに現れるダブルオークアンタの、刹那の頼もしいこと。鳥肌立ちました。
来たのか!遅えんだよ!待ちかねたぞ少年!!
全人類の兵力を使った時間稼ぎ。この男のための数十分。
刹那が現れた途端、全パイロットが尽くしていた死力をさらに尽くして道を作る。刹那に全てを託して。
人類の未来を平和な明日を刹那の勝利を、それぞれ願って散っていく。
特にグラハムさんとアンドレイの所は凄かったですね。もう鳥肌立ちっぱなしでした。


戦闘シーンは大迫力で凄い満足しました。
小型ELSやファングやシールドビットが画面中飛び回って軽く目眩を覚える程。
他にも大出力のビームにミサイル一斉射撃、トランザムでの高速戦闘など見たい映像がドンドン出てきてテンション上がりまくりましたね。
ただクアンタの戦闘シーンが短ったのは残念でしたね。
なんでもELSを単機殲滅できる可能性を秘めた機体だったらしいので、その威力をもっと魅せつけて欲しかった・・・。
私はクアンタのELS殲滅可能説はアリだと思ってます。
要は小型中型ELSを片っ端から叩き墜としながら大型ELSに突入して中でトランザムライザーなりぶっぱなせば良かったんじゃないんですかね?
刹那がELSからの交信を全部遮断して完全に殺意を持って戦えば実現できたのでは。



あと今作は川井憲次さんの音楽が凄く良かったですね。
物語へあっという間に引き込まれる壮大な音楽。戦闘時の緊張感が何倍増しにもなりました。まさに人類の新しいステップ。
UVERworldさん、THE_BACK_HORNさん、石川智晶さんの歌もとても耳に残って絶賛リフレイン中ですw


やっぱりこの作品はTV版で全人類の融和、理解のための戦いをしてきたからこそできた作品ですね。
他のガンダムにもロボット作品にも出来なかった事をした偉大な作品だと思います。
監督の水島精二さん、脚本の黒田洋介さん、ほか全スタッフさんに拍手を贈ります。ありがとうございました!
次のガンダムも期待したいですね。今回みたいな壮大なスケールで。
スポンサーサイト

テーマ : ( ´ー`)y-~ ふー
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

黄色

Author:黄色
「真!黄色ブログ」にようこそ。
リンクフリーです。

最近の記事
最近のコメント
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。