スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「アイドルマスター XENOGLOSSIA」視聴終了!!

第2次Z決定の影響によって猛烈にロボットアニメが見たくなったトコに湖山さん
「アイドルマスター XENOGLASSIA(ゼノグラシア)」をオススメしてくれたので視聴。
私はアイマスはゲーム版やったことなくて、キャラ名も一部しか知らない状態な上に
放送当時のアニメの評価が悪かった(と思っていた)ので、あまり期待せずに勢いで見始めたんですが
思っていた以上に本格的にロボットモノとして作られていて満足しました。


最初から最後まで王道の中の王道を突き進む展開と、全体的に”ありきたり”な作りをしていたおかげで
次のシーンを予想しやすかったのですが、そこが逆に話を理解しやすく
物語にのめり込めて盛り上がりやすかったですね。
全体的にグダグダにならず、山場がいくつも用意されていてその度に次の展開がどうなるのか予想を持ちつつドキドキしながら見てました。
予想が出来る展開をしつつもいい具合に裏切ってくれるのが素晴らしかったですね。伏線の回収も見事でした。
ラストは泣きましたね。片手間で作業しながら見ていたのですが、気が付いたら手が止まって画面凝視してしました。
こういう愛の形も良いですよね・・・。


作品見初めは唯一名前を知っていた真が一番好きなキャラでしたが話が進むにつれ春香が好きになりました。
無邪気でまっすぐな性格が可愛いですね。そりゃあインベルも気に入りますわ。
井口裕香さんの声もクセになって、井口さんの声じゃないと春香は駄目になりました。もうゲーム版はプレイできない・・・。
あとジョゼフ・真月さんもカッコ良かったですね。紳士な態度な司令官。だけど根は熱いっていう定番のおじさんキャラ。
ボクシングで兵士を殴った時はかなりテンション上がりましたねw


OPとEDも良曲で、前期OPの「微熱S.O.S!!」はテンションを上げて視聴を促してくれましたし
後期OPの「残酷よ希望となれ」は後半のシリアスな展開にピッタリな曲で、話を楽しみにさせてくれる曲でした。
サビに入るトコのリリィと大量のエピメテウスが出てきて、それらがインベルに叩き落されるシーンは爆発のSEも相まって「インベルつえええ!!」って感じで毎話鳥肌が立っていました。
EDの「遊休の旅人~Dear boy」は緩いお話の時は緩く気持ちを落ち着かせてくれて、物語が一気に進んだ激動の回ではシリアスな空気を維持したまま緊張をほぐして、次回を逸らせてくれる素晴らしい曲でした。


今作で最も意外だったことは、キャラ全員が真面目で真剣だった事ですね。
地球に降り注ぐ隕石を砕くという重大な仕事から最後の世界を守るという部分まで誰一人逃げない、手を抜かない。
全力でアイドルと交流して全力でアイドルと戦って全力でアイドルを好きになるという必死さが私にとって非常に響くトコロでした。
それと、作品としてもシリアスな路線を全力で描いた事も意外でした。
可愛いキャラデザとアイマスというゲームを原作としている以上、あまりバイオレンスな事はしないだろうと思っていたのですが
テンペスターズ消滅事件、亜美人質話、いろんなキャラの離反・裏切りなどやりすぎと思えるような描写と展開が多かったと思いました。
特に亜美誘拐時の整備員銃殺&亜美に返り血はショッキングでしたね。その後の亜美が千早を殴るシーンで亜美が石を握って千早を殴ろうとした事に明確な敵意と殺意を感じて心底驚きました。



新年早々素晴らしい作品に出会えて幸せです。
このままのテンションを維持してもう1週して来ます。それでは。
スポンサーサイト

テーマ : ヾ( ^ω^)ノワーイ
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

黄色

Author:黄色
「真!黄色ブログ」にようこそ。
リンクフリーです。

最近の記事
最近のコメント
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。