スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「空中ブランコ」を読んだ。

私はかなり飽きっぽい性格で、最近はライトノベルを読むのも飽きてきたので
学校の図書室でハードカバーを探していたら「空中ブランコ」を発見。
アニメ版は見ていたので原作にも興味が湧いて迷わず借りる。
昨日の放課後に借りて今読み終わった。途中睡魔に襲われて寝てしまったので読んでた時間は3時間くらい。



本に収録されていた5作品全部がアニメ化された作品だったから想像もしやすかった。
別に想像力を鍛えようとか思ってなかったので読みやすい。
短編1つ1つを読み終わっても先を知ってるからか、特に何の感想も抱かなかった。
興奮したり、ドキドキハラハラしたりしない。笑い転げる事も怒りも悲しみもない。
だけど、私が読んできたライトノベルは全部そういうものだったから、ライトノベルから離れるという意味では正しかった。
ただ、物語が解決に向かった時の転換は良いと思った。文の雰囲気がガラッと変わって、一目で終わった事がわかる。


読み終わった後、表紙の次のページに"直木賞受賞作!"という帯が挟まっていた。
これが直木賞受賞?と訝しく思ったが、一方で納得した。
「イン・ザ・プール」という前作があるようなので、また図書館で借りてみようと思う。
その前に、アニメ版を観直そう。この作品には不思議な魅力がある。
スポンサーサイト

テーマ : ( ´ー`)y-~ ふー
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

黄色

Author:黄色
「真!黄色ブログ」にようこそ。
リンクフリーです。

最近の記事
最近のコメント
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。