スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近の読書

昔から、本はそこそこ読む方で、ラノベやら小説やらを雑多に読んでました。
しかし最近は紙媒体の文書を読んでいると
睡魔に襲われてしまい読みづらくなってきました。
また、本の内容に飽きてしまい最後まで読みきれないという事が増えています。

そんな訳で、本は持つけど読みきらない『積み本』が増える日々
ですので、最近はリハビリも兼ねて
新書をよく読むようにしています。
薄くて200ページ前後のアレです。
新書は小さくて持ち運びもしやすいですし、量も少ないので読み切る事ができます。
ページが少ないので、内容も必要最低限の事しか書いておらず、
テーマ毎に短い章にまとめられているので、読みやめるポイントもつかみやすいです。

短いため読み切りがしやすく、読破感を得られるので
リハビリ…というか習慣付けにはちょうど良いかなと思ってます。
新書でも読みきれない時もある訳ですが…。

本が薄いことのメリットとして、読み返す事がしやすい
という点が上げられます。
私は一度読んだだけで覚えられる事はあんまりなくて
気になった部分や本を何度も読みなおす事で理解、記憶しています。
ですから、ページ量が少ないとそれだけ
読み直しがしやすしですし、気分的にもやりやすいです。
分厚い本を読みなおそうと思っても、つい時間がなくてと逃げがちですが
薄いとすぐなので、借りる手が伸びやすいんですよね。



異国の文化に慣れるにはまず、絵本から入れ、と言います。
それと似たような感じで、"読書"という文化・習慣に慣れるためには
まず薄い本から初めて見るのが良いなと思います。
スポンサーサイト

テーマ : ( ´ー`)y-~ ふー
ジャンル : 日記

「ドキドキ!プリキュア」放送終了

例えTV放送が終わっても、キュアハート達の戦いはこれからも続く…

本編に関してはもう、何も言うことはないです。
ドキドキプリキュアらしい最終回だったと思います。

毎年、書いてる月並みな言葉ですが
1年間楽しませてもらって本当にありがとうございました。
スタッフの皆様、キャストの皆様、関係者の皆様、
心より感謝を申し上げます。

他にないプリキュア、『ドキドキ!プリキュア』は
この作品しかありえない。そのような作品だったと思います。


また、3月の劇場版で会う日まで。

テーマ : ( ´ー`)y-~ ふー
ジャンル : 日記

SumlimeText3を導入してみた

TL上に流れてきた「SublimeText3」というエディターを導入してみました。
軽いのに高機能でとても良いと思います。
以下、導入時のメモ


○ダウンロード&インストール

公式サイトよりダウンロードします
http://www.sublimetext.com/3

自分の環境の項目が黒い丸(●)になってると思います。
クリックするとsetupファイルのダウンロードが始まります。
setup.exeを実行するとインストールが始まります。
特に選択肢が必要な部分はないと思うので、クリックしてインストールします。


○初期設定

SublimeText3は標準でも高機能ですが、後から機能を追加することで
どんどん便利にすることができます。

そのため、機能を追加するための準備を行います。
下記サイトの"SublimeText3"の部分に記述されたコードをコピーします。
https://sublime.wbond.net/installation#Manual_Instructions

コピーしたらSublimeTextに戻って、Ctrl+`を押します(`はS@マークのキー)
上部メニューの表示 > Show Consoleでも可能です。
すると画面下部にコンソールが現れます。
そこに先ほどコピーした内容を貼り付けてください。貼り付けたらエンター。

少し時間が掛かりますが、Package Controllerが導入されます。
これで、プラグインを追加することが可能になります。

PackageControllerを使うにはCtrl + Shift + P
コマンドパレットを開き
"install"と入力すると項目が最上位に出てきます。
その項目をクリックすると、今度は追加するプラグインを選択します。
欲しいプラグインを予め検索しておき、名前を入力していくようになります。
コマンドパレット以降の操作中はSublimeText3をウィンドウの背面に動かすと
フォームが閉じてしまうので、そこは気をつけてください。
追加が始まったらバックグラウンドに戻しても大丈夫です。


○環境設定

プラグインを追加可能になったので、最低限行っておきたい設定をいくつか。
・日本語化
・IME対応
・Shif-JIS読込


この3つは最低限、必要だと思います。
特に2番目は有る無しで作業効率が桁違いです。


・日本語化
コマンドパレットを開き(Ctrl + Shift + P)
PackageControllerのプラグイン検索フォームに
"Japanize"と入力します。
同名のプラグインが最上位に出てくるので
クリックかエンターで追加します。

日本語化は適用されている部分は少ないですが、導入しないよりはマシだと思います。


・IME対応
上記と同じくプラグイン検索フォームを呼び出し
"IMESupport"と入力すると最上位に出てくるので同じように
クリックかエンターを押して決定。

これがないと日本語を入力した際に別窓になってしまうので
日本語を入力する際は必須です。


・Shift-JIS読込
上記と同じくコマンドパレット -> 検索フォームで
"converToUTF8"と入力するとヒットするので
クリックかエンターで導入します。

これはSublimeText3がUTF-8でファイルを開くため
ShifJISのファイルだと文字化けしてしまうのを防ぐものです。




上記の3つを入れておけば、日本語で使用する時は
困らないかと思います。
後は使用する用途によって好きなようにプラグインを導入していけば良いと思います。

テーマ : ヾ( ^ω^)ノワーイ
ジャンル : 日記

魔法弁護士

アニメを減らすという記事の次が新しいアニメの感想なのも
どうかと思いますが…


『ウィザード・バリスターズ 弁魔士シエル』の1話を見ました。

冒頭5分の感想は「劇場版かな?」

正直、ビックリしました。
作画や動きのレベルがTV放送とは思えなかったからです。
キャラデザや絵のタッチからそう感じたのかも知れません。
さらに、見続ける毎にその印象はどんどん強くなってきました。
広がっていく熟成された世界観、魅力的な主人公や登場人物、
迫力がありつつも瑞々しい魔法、
全体を通しての画の色彩バランス、
テンポの良さや構図の良さも私好みで素敵でした。


これは物凄い作品だなと感じました。
1話からこれだけ引き込まれる世界観は滅多にないと感じるからです。
説明が多い訳でもなければ少ない訳でもない
取っ付きづらい訳でもないけど、馴れ馴れしくもない。
30分という限られた時間の中を絶妙なバランスで練られた1話。
正直、面白い面白くない以前に
この物語は何話で構成されているのかが気になりました。

この作品の監督は梅津泰臣監督です。
同監督作品で前期放映されたアニメ『ガリレイドンナ』は
設定の良さ、世界観の精密さ、キャラの魅力、メッセージ性など
非常に魅力的であり素晴らしい作品なのですが
1クールという時間制約のせいで
各要素を十二分に活かしきれていなかったと感じています。
せめて2クール、可能なら4クール欲しいような作品でした。

この『ウィザード・バリスターズ』からも同様の気配を感じています。
その設定を、どこまで活かせるか。それは制作スタッフの腕なのですが
どうしても尺という制限が付きまといます。
尺の問題さえ解決できれば、制作側は思いっきり腕を振るう事ができます。
ですから、話数を気にしました。


本当に、これは2クール以上続いて欲しいと思います。
駆け出し弁魔士のセシルを通してあの世界の事をもっとよく知りたい。
そしてセシルが仕事の中でどう変わり、何を変えていくのか。
それらを時間を掛けてじっくり最後まで見届けられたらなと思います。

テーマ : ヾ( ^ω^)ノワーイ
ジャンル : 日記

アニメを減らしてみた

毎週20本程度のアニメや特撮を見ていた前期と打って変わって
今期は(今のところ)本数を絞っています。
現在見ているアニメと特撮。
・未確認で進行形
・仮面ライダーBlackRX
・仮面ライダーカブト
・アイカツ!
・ヴァンガード
・うーさー
・凪のあすから
・プリティーリズム レインボーライブ
・恐竜戦隊ジュウレンジャー
・てさぐれ!部活もの あんこーる
・Go!Go!575
計11本


・・・減りました。間違いなく。
当初予定していたアニメを見れてないor見てませんが、不満はありません。
個人的には『未確認で進行形』が大当たりでした。
なんといっても小紅ちゃんが可愛い。
"~だな。"という口調が最高ですね。"だなっ!"と強気キャラの語尾ではなく
素朴なキャラの"だな。"は至高です。
語尾というのは重要な要素だと思います。
自然と回数が多くなるので、それだけでキャラのイメージがある程度固定されてしまいます。
逆に、語尾によって手軽にキャラを伝える事ができるとも言えます。

小紅ちゃんの可愛さを差し引いてもこの作品はよく作られていると思います。
OPとEDの曲とアニメーションの合致とノリの良さは中毒性が高くずっとループ再生しています。
特にOP冒頭の小紅ちゃんがリズムを取るシーンは可愛すぎて最高です。最高です。

他にも作画の丁寧さ、キャラの動きがきめ細かい(立ち上がり、食事)
演出の分かりやすさ、伝わりやすさなど、見やすい作品に仕上がっています。
欲を言えばオチの弱さをどうにか…と思いますが、作品の雰囲気を壊すくらいなら
現状のオチで十分です。まだ2話ですしね。



『凪のあすから』は14話目から物語が加速度的に面白くなってきました。
13話までに積み上げたものを綺麗に昇華しはじめた感じです。
P.A.Works元請け作品で2クール目に突入したのは
『花咲くいろは』以来なので期待しています。


その他、帰ってきた『うーさー』
急遽2期の『てさ部』
へごちんちゃんがかっこいいぞ!『575』
など魅力的なショートアニメも揃っており、充実したシーズンになりそうです。


「大事なのは何を見るかでどれだけ見るかではない。」
その事を意識しながら視聴していこうと思います。

テーマ : ひとりごと。
ジャンル : 日記

「機動戦艦ナデシコ -The prince of darkness-」を観ました

Twitterをやっていたら、『モーレツパイレーツ』のアカウントから

「21時からナデシコ劇場版がはじまります!! (バンダイチャンネルのリンク)」


え!?今20時40分なんだけど!!
出先だった私は急いで帰る準備をして全力で帰宅。

21時は過ぎましたが、どうやらバルト9で上映しているようで
最初は監督である佐藤竜雄監督の簡単なコメントを挟んでいただいたので
ギリギリ配信に間に合いました。


いやぁもう!面白い!!
上映されたのは98年ということで、もう16年も前になってしまったんですが
今観ても色褪せない、それどころか改めてその質の高さに驚きます。


まず、作画が綺麗です。
劇場版作品ということで、書き込みが凄いです。
一度見ただけでは追い切れない程の情報量の多さに圧倒されます。
繰り返し観ても楽しむ事ができます。


演出面も素晴らしいです。
TV版のナデシコと比べるとシリアスな演出が多いんですが
その分、ギャグシーンが際立ちます。
特にナデシコ特有の世界観を活かした演出が発揮されていたのは嬉しいですね。
モニターの動きとかスクリーンの表示の仕方、思兼などなど。
話し相手に回りこんだり、追いかけたりとモニターが活き活きしているのも
この作品の魅力的なポイントの一つですよね。

また、当時のSF感が垣間見れるのも面白いですよね。
劇中の設定は23世紀なんですが、上映当時の世界のまま
SFチックな要素が散りばめられているのが面白いんですよね。
当時のSF作品によくあるものですが、今回の劇場版は
書き込みが細かいので、より説得力があるんですよね。


そして、ストーリーです。
やはり劇場版はTV版よりもシリアス要素が強くて
人によっては受け入れられない人もいると思います。
それだけ、ショッキングな展開が多い作品なんですが
僕は、あのアキトも格好良いと思います。
TV版の頃はあまり技量的に優れなかった(突出したものではない)
アキトが、ユリカを取り返すために死ぬ気の努力で
敵のスーパーパイロットを倒すようになるというのが
とてもカッコ良いんですよね。
復讐鬼って一つの物に対して努力できる、乗り込めるという点に
関しては本当に憧れますし、凄いと思います。

また、3年後ということで艦長として、成長したルリルリや
その他のナデシコメンバーが見れるのも良かったです。
変わった人が居れば、変わらない人もいる。
髪形や髪の色を変えたリョーコが凄い新鮮でしたね。
逆にウリバタケさんは相変わらずか…って感じでしたねw



放送当時は2000年に差し掛かるかという段階で
時代的にもギャグが多かったですし、ロボも多かった訳ですが
それでも突出してナデシコが人気or知名度が高いのは
ルリルリの人気だけでなく
作品全体の雰囲気や設定の上手さなんだなぁ、と
改めて思いました。劇場版はTV版とノリが違うんですが
根底に流れる部分、つまり佐藤竜雄ワールドなのは
違いないかなと思います。

機会があれば、TV版も観直してみたい所です。

テーマ : ヾ( ^ω^)ノワーイ
ジャンル : 日記

『ちはやふる』を見直してます

GyaO!で『ちはやふる』が配信していたので観てます。
放送当時は6話くらいまでしか観れていなかったので
見直しと言いつつ7話から始めてみます。

作品としての出来は言わずもがな。
かるた大好きな主人公、千早がかるたクイーンを目指す熱血スポ根物語です。
キャラデザが本当に綺麗で千早が美人なんですね。
可愛いではなく美人なんですね。
脚本も光っていて、まったく飽きません。演出も見事です。
そういう作品の出来そのものは申し分がありません。素晴らしいの一言です。

そして、当時はあまり気にしなかったのですが
キャスティングも素晴らしいです。
主役の瀬戸麻沙美さんと宮野真守さん、細谷さんも凄いのですが
他にも代永さん、奈良徹さん、茅野愛衣さんなど
有名な方が脇を固めていて、テンションがあがります。


そんな、素晴らしい作品がなんと2010年に放映だったという事実に驚きを隠せません。
なんだか2008年くらいの作品だったような、懐かしい感覚です。時空の歪みが発生してるに違いありません。
今見ている新作アニメもいつかは時空の歪みに飛ばされるかと思うと
感慨深いような、怖いような感じです。

テーマ : ヾ( ^ω^)ノワーイ
ジャンル : 日記

成分献血をしてみたので感想とか書いてみる

献血、行ってますか?
つい最近、HIV血液を輸血してしまった事で問題になっていますが
それでも有事の際は誰かの血が誰かの命を救う事もあるので
献血に行ってきました。そもそも献血する側にはこの問題はなんら影響はありません。

今回で献血は4回目なのですが、初めて成分献血を行ってきました。
この成分献血というのは、通常の献血と違い血液中から
血小板と呼ばれる皮膚を治すための成分だけを抽出して
残りの血は体内に戻す、という献血です。
通常の丸ごと血を抜かれる献血よりも献血後の安静にしている時間が
少なくて済み、再献血までのスパンも短いのが特徴です。
しかし通常献血(全血)よりも採血までの準備や採血そのもののに
掛かる時間が長いので、休日やよほど時間の空いている人でないと
難しいと思います(私も全体で90分くらい掛かりました)

献血自体は通常の献血と大差ない…と思っていましたが
やはり時間が長いせいか、私が緊張していたせいか
針先に違和感というか、血を抜かれている感覚が強かったですね。
おそらく採血量も全血より多いため、献血している腕が
若干青白くなってきていたように感じます。
ですが、痛みは一切ありませんでした。献血後の経過も良好です。

成分献血の良い所は、献血時間が長いので映画を見られる事でしょうか。
全血だと10分くらいなので映画が見られないんですよね。
全血は採血だけで1時間くらいあるので、短編映画なら見れます。
逆に、2時間映画だと良い所で終わってしまうのが少し残念。
今回は『オーシャンズ11』を見ましたが
オーシャンが金庫に潜入する直前で終わってしまいました。
続きが気になります。


全血の場合、次の献血ができるのは早くて2ヶ月、遅いと3ヶ月程度です。
成分の場合は2週間と短いので、献血をしたい人は成分がオススメです。
ですが、全血・成分とも不足している量、血液型は違うので
その日その時に合った献血が良いと思います。


レッツ献血!献血センターのキャラクターとして
『アイカツ!』のユリカ様が採用されたら命捧げる覚悟で献血しますわ…!

テーマ : ヾ( ^ω^)ノワーイ
ジャンル : 日記

プリティーリズム劇場版の公開日が決まったとのこと

次の3/8(土)だそうですね。
プリキュアASNS3は3/15(土)なので、ちょうど1週間手前ということに。
これは熱い時期になりそうです。

面白いのは、どちらも集大成の映画であることですよね。
プリティーリズムは最終作プリティーリズムが終わる頃の上映であり
もしかすると新作として最後になるかも知れない。
プリキュアもNSとしては最終作。
それぞれの集大成、作品としての長さは3倍近く違うけれど
培ってきたものや今まで出来なかったことを思いっきりやって欲しいですね。

とりあえず、プリティーリズムの劇場版に向けて
1作目のオーロラドリームは全話視聴してみたいですね。
話に聞く所、かなりのスポ根アニメらしいので
プリティーリズム3作目のレインボーライブよりはアイカツ!に近いかも?
と思ったり。ただ、プリティーリズムらしいハードな展開が
あるそうなので、やはり女児向けアニメとしても突出した部分があると思います。



来年度はプリリズがないかと思うと、また生きていく糧が一つ無くなる事に…
課金してディアマイフューチャーでも流そうかな

テーマ : ヾ( ^ω^)ノワーイ
ジャンル : 日記

2014年初更新

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

今年はちまちまとでも更新を多くしていきたいと思います。
考える前にとりあえずエディタを開いて書いて
できるだけ多くの更新をしていきたいと思います。


とはいえ、ブログとは別に年末から日記を書いたんですが
書ける事がありすぎて1日中掛けてしまうので
好きなだけ更新するのも問題だなと思う次第です。

とりあえずアニメの感想とか、いままでツイッターでつぶやいていた事を
できるだけこちらでも記事にしていこうと思います。

テーマ : ひとりごと。
ジャンル : 日記

プロフィール

黄色

Author:黄色
「真!黄色ブログ」にようこそ。
リンクフリーです。

最近の記事
最近のコメント
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。