スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ハートキャッチプリキュア!」最終回

ハートキャッチプリキュア!公式 今回のあらすじ



第49話<完>
「みんなの心をひとつに!私は最強のプリキュア!!」


間違いなくあんたは最強のプリキュアだよ。ハートキャッチプリキュア無限シルエット。
瞳にコスモを宿し愛で戦う戦士・・・。なんかウルトラマンチックだわ。



ついに終わってしましました。
この1年間、本当に楽しませていただきました。
最初は馬鹿にしていたプリキュアだったけど、この作品のおかげで面白さに気づいた大ハマりできた。
今のプリキュアファンである私の姿があるのはハートキャッチプリキュア!のおかげです。

さようなら、つぼみ、えりか、いつき、ゆりさん、シフレ、コフレ、ポプリ、薫子さん、コッペ様。
みんなみんな、さよならだ。
スポンサーサイト

テーマ : ( ゜Д゜)・・・
ジャンル : 日記

「まおゆう 魔王勇者 「私のものになれ、勇者よ!」「断る!」」 読了

ネットで話題となった超大作が書籍化したので友人から借りて拝読。
読み終わるのに2週間ほど掛かりました。

この作品は各所で高評価を受けている通り、面白いです。
どれくらい面白いかはいろんなレビューサイトさんを回ればわかると思いますが
一応、私なりに感想を。


この作品の何が凄いかって、勇者と魔王というワードから勧善懲悪作品かと思いきや
経済や人という観点から大真面目に戦争を終わらせようとする異色モノ。
勇者は大魔法を使え人類最強の男。
一方魔王は戦闘力皆無に等しい学者。専門分野は経済で契約主義。あと駄肉。
この二人が手を組んで、戦争を完全に終わらせる方法を探していく物語。

この作品に出てくる戦争を終わらせる方法がまた地味でコツコツとしているんですよね。
まず最初が”戦争終結後も食料の供給が行き届くように食料生産力を上げる”といって
寒村でジャガイモを育てたり畑の使い方を改良したり、それらを世界中に広めるために
教育改革したり・・・。
そこがリアルでシビアで面白おかしく経済の勉強を出来るという。
「もしドラ」に近いかも知れません。読んだ事ないんですけどね(ぇ



この本は、
・普通の勇者と魔王の戦う物語に飽きた。
・ぼんやりと経済の勉強とかしてみたい。
・勇者×魔王とか大好物ですぐへへへ。
という人にオススメです。
ちなみに2巻の発売日は今月の31日ですので、要チェックです。ではでは。

テーマ : ( ´ー`)y-~ ふー
ジャンル : 日記

「ハートキャッチプリキュア」第48話感想

ハートキャッチプリキュア公式 今回のあらすじ


第48話
「地球のため!夢のため!プリキュア最後の変身です!」


今回は激熱回でしたね!!
血が、魂が、全身のありとあらゆる男の子成分がヒートアップしました!!
序盤のダークさんがシーン、お父さんが身を投げうってゆりさんを守るシーンで視聴者に涙を誘ってからの、
あの超激しい戦闘。ドラゴンボールがしっぽを巻いて逃げますよアレは。
ブロッサム&ムーンライトのコンビで始まり、マリンとサンシャインのここ一番というナイスアシスト!そこのマリンがまたカッコいい。
そして4人揃って5勢も真っ青の華麗な連携技!ダブルプリキュアフローラルパワーフォルテシモ!!
空中でのぶつかり合う様は美しく激しい。
そしてトドメのハートキャッチオーケストラ。最後まで油断なく遠慮なく必殺技を叩き込みまくる!
もう毛穴開くかと思いましたね。これで燃えなきゃ男じゃないっ!

それと、予告のマリンのポーズがまたカッコいい。
マリンのかっこよさはムーンライトやサンシャインのカッコよさとはまた違う質ですねと再認識。


今回はきっと伝説になりますね。
来週はついに最終回。
ブロッサムの口から「私は最強のプリキュア!」なんて台詞が出る日が来ようとは・・・(涙)

テーマ : ( ゜Д゜)・・・
ジャンル : 日記

「アイドルマスター XENOGLOSSIA」視聴終了!!

第2次Z決定の影響によって猛烈にロボットアニメが見たくなったトコに湖山さん
「アイドルマスター XENOGLASSIA(ゼノグラシア)」をオススメしてくれたので視聴。
私はアイマスはゲーム版やったことなくて、キャラ名も一部しか知らない状態な上に
放送当時のアニメの評価が悪かった(と思っていた)ので、あまり期待せずに勢いで見始めたんですが
思っていた以上に本格的にロボットモノとして作られていて満足しました。


最初から最後まで王道の中の王道を突き進む展開と、全体的に”ありきたり”な作りをしていたおかげで
次のシーンを予想しやすかったのですが、そこが逆に話を理解しやすく
物語にのめり込めて盛り上がりやすかったですね。
全体的にグダグダにならず、山場がいくつも用意されていてその度に次の展開がどうなるのか予想を持ちつつドキドキしながら見てました。
予想が出来る展開をしつつもいい具合に裏切ってくれるのが素晴らしかったですね。伏線の回収も見事でした。
ラストは泣きましたね。片手間で作業しながら見ていたのですが、気が付いたら手が止まって画面凝視してしました。
こういう愛の形も良いですよね・・・。


作品見初めは唯一名前を知っていた真が一番好きなキャラでしたが話が進むにつれ春香が好きになりました。
無邪気でまっすぐな性格が可愛いですね。そりゃあインベルも気に入りますわ。
井口裕香さんの声もクセになって、井口さんの声じゃないと春香は駄目になりました。もうゲーム版はプレイできない・・・。
あとジョゼフ・真月さんもカッコ良かったですね。紳士な態度な司令官。だけど根は熱いっていう定番のおじさんキャラ。
ボクシングで兵士を殴った時はかなりテンション上がりましたねw


OPとEDも良曲で、前期OPの「微熱S.O.S!!」はテンションを上げて視聴を促してくれましたし
後期OPの「残酷よ希望となれ」は後半のシリアスな展開にピッタリな曲で、話を楽しみにさせてくれる曲でした。
サビに入るトコのリリィと大量のエピメテウスが出てきて、それらがインベルに叩き落されるシーンは爆発のSEも相まって「インベルつえええ!!」って感じで毎話鳥肌が立っていました。
EDの「遊休の旅人~Dear boy」は緩いお話の時は緩く気持ちを落ち着かせてくれて、物語が一気に進んだ激動の回ではシリアスな空気を維持したまま緊張をほぐして、次回を逸らせてくれる素晴らしい曲でした。


今作で最も意外だったことは、キャラ全員が真面目で真剣だった事ですね。
地球に降り注ぐ隕石を砕くという重大な仕事から最後の世界を守るという部分まで誰一人逃げない、手を抜かない。
全力でアイドルと交流して全力でアイドルと戦って全力でアイドルを好きになるという必死さが私にとって非常に響くトコロでした。
それと、作品としてもシリアスな路線を全力で描いた事も意外でした。
可愛いキャラデザとアイマスというゲームを原作としている以上、あまりバイオレンスな事はしないだろうと思っていたのですが
テンペスターズ消滅事件、亜美人質話、いろんなキャラの離反・裏切りなどやりすぎと思えるような描写と展開が多かったと思いました。
特に亜美誘拐時の整備員銃殺&亜美に返り血はショッキングでしたね。その後の亜美が千早を殴るシーンで亜美が石を握って千早を殴ろうとした事に明確な敵意と殺意を感じて心底驚きました。



新年早々素晴らしい作品に出会えて幸せです。
このままのテンションを維持してもう1週して来ます。それでは。

テーマ : ヾ( ^ω^)ノワーイ
ジャンル : 日記

夢を守る赤の戦士の夢

”夢を守る戦士”と言えば、私的には仮面ライダー555です。
今朝、別にファイズの作品を見ていたわけでもないのに夢に出てきました。
しかも自分が変身するという夢。


しかし、夢の中なのにうまく戦えずに超苦戦した挙句、謎の老婆オルフェノクに追い詰められた所で起きるという
なんとも情けない夢でした・・・泣ける。
夢で見たファイズは何故かアクセルフォームを使うと体力を使い果たしてパワーが無くなるという設定で
その設定を知らなかった私はかなり戸惑ってました。
夢の中で3回ほど戦いましたが、1回目の時はどうして力が抜けたのかわからず敗北。
2回目は敵に奇襲を掛けたのにテンパって、アクセルメモリーをベルトに刺さない&エクシードチャージし忘れで
完全に奇襲の意味なし。敵の目前でフォームチェンジする始末。
3回目は2回の失敗からさらにテンパってて、幹部相手なのにエクシードチャージの仕方を忘れるという致命的なミスのせいで敗北。
命からがら逃げ出すも恐ろしいスピードで追ってくる老婆オルフェノクに追われるハメに。
どうにか隠れたけど、この世界はパラダイスロスト準拠なのか、一般人がやたらとこっちを凝視してくるんですよね。
その視線でこっちの位置を知った老婆に退路を立たれて、トドメを刺される直前で目を覚ましたました。


今でも鮮明に思い出せます。好きなライダーTOP5には入るであろうファイズで情けなく負けてしまったのが悔しい・・・。
次に同じ夢を見れたら負けない。でも老婆オルフェノクには勝てる気がしない・・・。
ゴートオルフェノクに近いオーラ放ってたもんなぁ・・・。
正直、老婆に追い詰められた時の恐怖は異常でしたね。喩えようがない。
寝汗も凄かったし、夢から覚めた後も強い恐怖心と心臓の辺りに鈍い痛みがありました。
夢から覚めた後でファイズアクセルのせいで力が抜けたのか…とか、オルフェノクはどれも初めて観る奴だったなぁ・・・と気づきました。
それほど夢の中の自分は余裕がありませんでした。


テーマ : ( ゜Д゜)・・・
ジャンル : 日記

「第2次スーパーロボット大戦Z 破界篇」発売決定!!

スパロボチームからのお年玉が届きました。

SRWZ��1
SRWZ���


なんと!!
スーパーロボット大戦シリーズの新作です!



・新規参戦
「機動戦士ガンダムOO」
「コードギアス 反逆のルルーシュ」
「装甲騎兵ボトムズ」
「装甲騎兵ボトムズ レッドショルダードキュメント 野望のルーツ」
「装甲騎兵ボトムズ ペールゼン・ファイルズ」
「地球防衛企業ダイ・ガード」
「劇場版マクロスフロンティア ~イツワリノウタヒメ~」
「劇場版 交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい」
「天元突破グレンラガン」
「劇場版 天元突破グレンラガン 紅蓮篇」
「真マジンガー 衝撃!Z編」


・参戦作品
「劇場版 機動戦士Zガンダム」
「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」
「新機動戦記ガンダムW(TV版)」
「機動新世紀ガンダムX」
「∀ガンダム」
「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」
「無敵超人ザンボット3」
「無敵鋼人ダイターン3」
「無敵ロボ トライダーG7」
「戦闘メカ ザブングル」
「宇宙大帝ゴッドシグマ」
「宇宙戦士バルディオス」
「六神合体ゴッドマーズ」
「超獣機神ダンクーガ」
「獣装機攻ダンクーガノヴァ」
「超時空世紀オーガス」
「THEビッグオー」
「OVERMAN キングゲイナー」
「超重神グラヴィオンツヴァイ」
「創聖のアクエリオン」
「真(チェンジ!!)ゲッターロボ~世界最後の日」
「マクロスフロンティア」



・・・ええ、私も最初はコラだと思いましたとも。
今年がスパロボ生誕20周年ということで、異常なまでの気合に入れよう!!
だって、ボトムズですよダイガードですよグレンラガンですよ!?
今まで散々「出せ」と言ってきた作品をあっさり、サプライズでまとめて出してしまう寺田さんの心意気・・・流石です。
さらに、私の待ちに待った真マジンガーもようやく参戦ということこっちも要チェックです。やっとビッグバンパンチが使える…!
他の参戦作品も、Zからそのまま引継ぎ(グレンダイザーは例のごとく抜けましたが)
さらにトライダーG7、ゴッドマーズ、ダンクーガなど強力なタイトルが追加参戦しています。


こうなると気になるのはストーりーですよね。
これだけの参戦作品のシナリオを全て再現するのはおそらく無理でしょう。
なので、メインは新規参戦の作品になるんじゃないかな・・・と予想。
第2次なので、第1次に参戦してシナリオが終わった作品の分はまずやらないと思います。
グライヴィオンがツヴァイだけになっている事からもそう考えられます。
また、ダンクーガやトライダーG7も機体だけ参戦となる可能性があると思います。
しょーじきムゲ野郎と戦う余裕があるかどうか…w



参戦ハードはまさかのPSP。「これのためにPS3買って待ってたのに・・・」とは私の友人の弁。ドンマイ。
発売日は4月14日!
おそらく後編も年内発売でしょう。


今年はスパロボ三昧な年になりそうです。ではでは。

テーマ : ( ゜Д゜)・・・
ジャンル : 日記

「イン・ザ・プール」&「町長選挙」読了。

「空中ブランコ」の前後作である「イン・ザ・プール」と「町長選挙」を読みました。
「空中ブランコ」を基準とするとやはり前作である「イン・ザ・プール」は少し伊良部のキャラクターが違っていたかなと思います。
素行が悪いというか、不思議成分が足りないというか。
解決時の転調も不十分だったように感じました。

「町長選挙」は「空中ブランコ」の続編ということでキャラは特に変わっていませんでした。
アニメ版で特に良かった”オーナー”を収録している他、
ラストの”町長選挙”は100ページ近い大ボリュームで素晴らしい話でした。
クライマックスの盛り上がり方は流石としか言いようがありません。
帯にあった「万事、死人が出なきゃ成功なのだ」という言葉は伊良部の人となりを表していると思います。
彼は幼稚園児と本気でカルタ取りをする5歳児みたいな男です。
5歳児なのでやんちゃも多く、ガラス割る一般道でポルシェ飛ばす道路標識に落書きする、挙句”町長選挙”では乱闘までしますが死人はまだ一人も出ていません。
伊良部はきっと死人さえ出なければ何やってもいいみたいな、そういう線引きがあるんじゃないかと。
実際彼は大病院の息子なので、大抵の事はコネでなんとかなるんですよね。


さて、私が次に挑むのは死人ばかりの「屍鬼」(著:小野不由美さん)です。
正直読む前から最高に怖いんですけど、頑張ってチャレンジしてみようと思います。
親元を離れる前に読んでおかないと一人暮らしじゃ怖くて確実に読めそうない作品ですからw

テーマ : ( ´ー`)y-~ ふー
ジャンル : 日記

謹賀新年

皆様、新年明けましておめでとうございます。
昨年はツイッターにばかり取り組みすぎて更新を怠っていたので、今年はこちらの更新も増やしていこうと思いますので、どうかよろしくお願いします。


さて、改めて明けましておめでとうございます。
今年は高校卒業、大学進学とそれ伴い1人暮らしが始まり環境が大きく変化する年になりそうです。
なので今年の抱負は「より積極的になる」です。
今までは大抵の事を”面倒くさい”で片付けて行動しなかった私ですが、それではイカンでしょ!
って事で年が変わったのを契機にできるだけ面倒くさがらずに色んな出来事にも挑戦していこうと思います。
しかし私みたいなのは頑張りすぎないのが吉なので、ちょっとずつ自分を変えていけたらなと考えています。


それでは皆さん、良い新年を。ではでは。

テーマ : ( ´ー`)y-~ ふー
ジャンル : 日記

プロフィール

黄色

Author:黄色
「真!黄色ブログ」にようこそ。
リンクフリーです。

最近の記事
最近のコメント
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。