スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「雪蟷螂」(紅玉いづき 著  岩城拓郎 絵)

あらすじ、前置きを抜いて感想から書きますが、とても素晴らしいお話でした。
この本を読み終わった時、失くしかけていた自分を取り戻した気がしました。
あるいは変わりかけていた自分を元に戻した、と表現した方が正しいのかも知れません。
ともかく、大学生活でようやく人らしい生活をしていた私をまるで傀儡のような人間に引き戻してくれました。
まるで人形のような冷たい思考渇いた心。それらを取り戻させてくれました。
加えて、恋焦がれる激情を与えてくれました。
作品を読みながら湧き上がってくる感情はおそらく恋がしたいと
燃えるような激情の恋がしたいという感情だったのだと思います。
そして誰かに仕えたいと、命を賭けることができる程の主人に仕えたいと思う感情も。
おそらくこれは私の基礎たる感情、誰かを好きになるための第一の感情。
例えば、私がシグナムを好きになったのも、彼女が将だから、というのがあると思います。
きっと私にとって、仕えたいと思う気持ちこそが恋なのではないかと思います。



この本は、本に恋をする、という感覚を久しぶりに感じさせてくれた作品でした。
おそらくこのタイミングで読んだからここまで素晴らしいと感じたのでしょう。
読後すぐに紅玉いづきさんの作品をすべてamazonで注文しました。
amazonではこの作品の点数はあまり高くないようですが、私はとても感動しましたし
もしミミズクやMAMAがこれを超える作品ならば早く読んでみたい!と思うばかりです。


最後に紅玉いづきさんへ最大級の感謝を。この本に出会えてよかった。そう思える事が嬉しい。
たとえこの激情が数日で消えてしまう儚いものだとしても。
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと。
ジャンル : 日記

「フルメタル・パニック」読了・・・・。

ようやく読み終わりました。黄色です。
「フルメタル・パニック」全巻読了。
長く付き合ってきた作品なので感慨深くなってしまいました。作品を知った時は相良お兄さんだった宗介とも同い年になっちゃって。
なので感想より先に身の上話(?)
まぁこの作品との出会いとかをテキトーに書きたくなったので、感想だけ読みたいって人は続きを読むからどうぞ。


私がこの作品と出合ったのは中学2年生の時、何の前触れもなく兄がアニメ2期の「ふもっふ」のDVDをレンタルしてきたのが始まりです。
当時、自分のPCも持っておらずアニメについての情報が乏しかった私は名前さえしらず
「電車男」の影響で覚えた”萌えアニメ”か的な事を考えながら見ていました。
しかし結果的に「ふもっふ」は私の中で大ヒットしました。
相良の世間ズレ常識知らずに毎話腹を抱えて笑うばかりでした。
ある日、以前から興味のあったスパロボにフルメタが参戦することを聞き、それをきっかけにスパロボデビュー。
それが人生初スパロボ、「スパロボW」でした。
そこではアーバレストやガーンズバックなどのミスリルチームを使って大暴れ。
特にアーバレストのラムダドライバ起動時の技のカッコよさにはどれも痺れました。
その中の一つ、単分子カッターのトドメ演出がカッコよすぎてyoutube(当時はそれしか知らなかった)で
元になったアニメのシーンを探してみたり。当時は真面目野郎だったのでアニメ3期の年齢制限を守ってレンタルできなかったんですよね。
アニメ3期が借りられない代わりに原作は出ているまでを全巻、短編まで含めて一気に購入して読み漁る日々。
中学2年の時の大ハマリしたおかげで未だに歩き方や思考の一部が相良っぽくなってて世間ズレしてます(笑)
高校に入ってからも新天地での緊張を解したり、友人を作ったりするのに役立ってくれました。

ゲーム化した場合の妄想を考えたりもしました。前転や滑り込みや横っ飛びなどの細かい動作、足払い、スウェイ、単分子カッター等の戦闘アクション、ラムダドライバの発動条件、性能、持続時間など。
短編集の操作方法を読んで、これだけ原作設定が出ているならアーケード版で可能なのではないかと思ったり。
時期によっては下校中ずっと考えたりしてましたね。昔から妄想だけは得意だったので。
ですからACE;Rにフルメタが参戦したときは、かなり喜びましたね。ついにアクションゲームにフルメタ参戦と。
その時はPS3を持っていなかったので買わず発売日に友人の家に遊びにいきましたね。そして即フルメタでプレイ。
アーバレストで戦えるのが嬉しくて嬉しくて、飛行できないというデメリット無視で遊びましたね。動かすだけで楽しかった。
できれば、原作シナリオをすべて詰め込んだフルメタだけのゲームを作って欲しい・・・のですが
フルメタがゲーム化できない理由の結論が自分の中にはあります。
それは”相良がスペシャリストだから”という事です。
つまりフルメタの原作に沿って作るには相良宗助は強すぎる。
基本的に機動力を生かして回避を主眼とするASはシロウトが戦うには厳しい機体です。
また相良の前には多くの強敵が現れます。ガウルン、ベヘモス、コダール、レナードなどなど。
これらを相手するのは難しい。相良ほどの技量を持つ男でさえ苦戦必死なのですから。
仮に主人公を宗介じゃなくSRTの一メンバーだとしても、やはり戦いは苛烈で、彼らとの戦いも避けられません。
そんな相手をシロウトのプレーヤーが戦ったって勝てません。果て無きゲームオーバーを繰り返すだけです。
ゲームだからASの耐久度を増したり、敵の技量を下げたりすることは可能です。ACE;Rではそうなっていました。
しかしフルメタ単独のゲームでは原作描写が、設定が、世界観がそれを許さないと思うのです。
”戦車と真っ向からやりあうのは苦手”なASが戦車と正面からやり合うゲームを、ラムダドライバの攻撃に幾度も耐えるゲームを私はやりたくありません。チャチい強さのガウルンやレナードと戦うゲームなんて遊びたくありません。
普通では乗り越えられない障害を技量で乗り越えていくからこそのSRT、ミスリルだと思います。
だからゲーム化しないのではないかと。まぁACE;Rとかありますし、単独ゲーム化しないのは別の理由だからでしょうね。
原作終わってないのが理由だとしたらそろそろ出てほしいんですけど、普通に考えてアニメ化が先ですね。
でもアニメでやるとしたら何シーズン何話必要なんだろうか。


フルメタが終わった事でで私の青春の作品の一つが締めくくられたわけです。また一区切りつきました。
バンブーもそう。青春の一区切りです。なんか痛い台詞だなぁこれ。
大学生活で地元を離れて一人暮らしをするに当たって、今までの自分と区切りを付けるためにやり残したことなどを消化する。それが今の目標です。


以上!与太話終了です。ちょっと書きすぎた。本編感想は続きを読むから。

続きを読む

テーマ : ( ´ー`)y-~ ふー
ジャンル : 日記

「世界平和は一家団欒のあとに」10巻読了

初版発行から半年経過しちゃってた・・・。
ようやく最終巻を読み終える事ができました。

私が初めてこのシリーズと出会ったのは2年前ですね。
あの頃はとにかくラノベを探してた時期で、ひねくれ者の私は売れている作品よりも
自分の肌にあった作品を探してた時に出会ったんですよね。懐かしい。


このシリーズを追ってきて良かったと思います。
超能力系の作品なのに、世界の平和より家族の幸せを優先して
そのために奔走する軋人に凄く共感できて読んでて楽しかった。
ああやって、ボロボロになっても意地と根性で押し返す主人公とか大好きです。
どの巻も最終回のような、ギリギリの崖っぷちだけど一発逆転の展開がいい。
だけど、読み終わった後に心が暖かくなる感じもあって。それがまた次も読みたいなと思う要因なのかも知れません。


私は軋人の性格がかなり好きだったのが大きかったですね。
ああいう無鉄砲馬鹿は私とよく似てるのでw
あれほど素行不良でも喧嘩っぱやくもないですけどね。

テーマ : ( ´ー`)y-~ ふー
ジャンル : 日記

「デュラララ!!!」 2巻読破


私は、「デュラララ!!」が好きよ。
どの巻が好きかって?違う、違うわ!私は「デュラララ!!」がみんなみんな好きなのよ!
どこが好きかって?野暮な事聞かないで!全部よ、全部!
端正でいながら目を通すうちにどす黒い感情になっていく文章が好き!
なにもないのに確実に必要になる間をとる行間が好き!
綺麗で思わず手をとってみたくなるような惹きつけられる表紙が好き!
状況を表現しつつ、場面の想像を手助けする挿絵が好き!
物語を読み終わった後の…製作の裏側が読めるあとがきが何よりも愛おしくて。
なにもかも、なにもかもが好きなのよ、わかる?



…えー、というわけで、読み終わりました。「デュラララ!!」2巻。
相変わらず面白かったです。
という平凡な褒め方しかできませんが、とても良かったです。
ただ、良かったからと言って笑顔になるとは限りません。
むしろ私はラストの後で少し気分を害しました。
いやもうあいつ、作品によっては悪役だから、ボスキャラだから!!
この作品の性質上そう見えないだけで、言い切れないだけで、悪です。
まぁ、悪じゃない奴のほうがこの作品は少ないですけどね。

続きが非常に気になる巻でした。でも読みたくないなぁ…気になるけど
その先にきっと悲しみがあると思うと読むのが億劫になります。
これアニメ化したらどの巻まで再現されるんでしょうね。
途中で切れそうな雰囲気がないんですけど…。
アニメスタッフに期待です。

ではでは~

テーマ : ( ´ー`)y-~ ふー
ジャンル : 日記

IS 読み終わりました

犬に蹴られて誌ね!どうも黄色です。
最初から不謹慎で失礼しました。


というわけで、「IS -インフィニット・ストラトス-」読み終わりました。
流し読みで得た情報どおりの、とにかく主人公にムカツク学園ラブコメでした。
ヒロインは3人いるんですが、どのキャラも可愛くてOKです!
主人公(一夏)はヒロイン達から好感を持たれ、一夏争奪戦を行うんですが
一夏が鈍感すぎてストレスが溜まりましたw
気づけよ!いや、気づいたら物語終わるかもしれないけど、それでも気づけ!!
と読んでる途中はずっと不穏なオーラを漂わせていました。
バトル学園モノと描いてありますが、バトル描写は半分どころか3分の1にも満たないと思います。
実質2戦しかしてませんからね。
つまりそれ以外ヒロインの誰かとイチャつきっぽなしとなるわけで、
面白いんですけどストレスが半端ないです。
私初めてですよ、読み終わってから本を地面に叩きつけるなんてw
その時の教室の雰囲気たるや…二度とやりません。

それぞれのキャラが可愛すぎるんですよ、
幼馴染の箒はちょっとしたことですぐに機嫌を悪くしたり、タイミング悪い人だから
肝心な台詞を言えなかったりして、そこが可愛くて身もだえします。
代表候補生のセシリアはお嬢様気質ですから、なんか高みから言うんですけど
恋愛に慣れていないため、すぐに赤くなってしまいそこが可愛いです。
幼馴染2で代表候補生の鈴は小さい頃に求婚(?)まで済ませている知将ですが
一夏の態度に腹を立てたりしてトドメをさせずにいます。


もうもどかしさ全快な作品ですね。とにかくこの微妙な関係に萌えてくださいという作品です。
1巻だけではバトルモノとして薄いので(物語の中心にはなるんですけど)
2巻ではもっとバトルして欲しいです。

2巻はすでに発売中なので「デュラララ!!」を読み終わったら
買いに行こうかと思います。



P.S
私の友人が日曜日に「ラブプラス」のヒロインとデートの約束したんですが
日曜日は検定試験でした。
なんというリアル感!すっぽかし確定となって彼の「ラブプラス」はどこへいく!?

最近は、毎日「ラブプラス」に苦しめられてます。
ではでは~

テーマ : ( ´ー`)y-~ ふー
ジャンル : 日記

プロフィール

黄色

Author:黄色
「真!黄色ブログ」にようこそ。
リンクフリーです。

最近の記事
最近のコメント
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。